昨日届いた氷菓を読んだ。

Sponsored Links

昨日の夜届いた古典部シリーズの1作目の氷菓を読んだ。

200ページちょいしかなくて凄く短い。私はあんまり読むのが早くないのだけど、それでも2時間で読み終わった。

内容はかなりしょうもなかった。これを推理小説と呼ぶのは他の推理小説に失礼だと思ったぐらいしょうもなかった。謎な事があって、種明かしをされても全然面白くないし、そもそも謎の部分が詰まらない。親戚のおっさんとか、名前しか出てこないかなりどうでもいい人の、どうでも良い過去が分かった所で面白いわけないと思う。

まあ短かったし、読みやすい文章だったのが救い。後3冊ある。これから眠たくなるまで2冊目を読むつもり。

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る

About Whellie