読書

Sponsored Links

今日はDiablo3は21時から2時間のメンテらしい。とりあえずNightmareを開始してスケルトンキングを倒した所で今日は終わった。やっぱSoloだと1章4時間ぐらい掛かる感じ。4人でのRunだとかなり早くて全章終えるのに5-6時間でいけるっぽいけど、まあ私はLv60まではSoloで頑張るつもり。暇だし。

今の所全財産を倉庫拡張に費やしている。やっと2ページ目に突入した。ページ拡張が10万とべらぼうに高くて参った。生産するのにもお金掛かるので、そっちは後回しにしてる。

そんでもって、昨日NormalのDiabloを倒した後、読書にいそしんだ。

「遠くでずっとそばにいる」を読んだ。

本屋さんで物色してたら、Anotherの表紙と同じ人が書いた表紙だと思ってこれが目に付いて買ってみた。帰ってきてググって見たらやっぱりAnotherと同じ人が表紙を描いてた

『人を愛しぬく苦しみと切なさを描いた感涙の恋愛ミステリー。
』ということらしい。泣かなかったけど、面白かった。

主人公が27歳女性。でも事故で17歳以降の記憶が喪失してるっていう設定で、10年後の自分や周りの事、事故の原因が話が進むにつれわかっていって、アレコレある話。

彼女の一人称で話しは進む。病院で目覚めて、自分が17歳だと思っていたら、実は27歳です。10年分飛んでます。と医者に明らかにされる序盤から、ずっと主人公が17歳な雰囲気の思考回路で話が進むので、面白かった。読みやすかった。まあ結果的には悲しい恋愛話ではあるけれど、でもハッピーエンドだと思った。

記憶を失う前の嫌な感じな彼女には色々と考えさせられた。それと、あきらかに劣化している10年後の自分を他人を通して伝えれるのって怖い。友達が友達じゃなくなってるとか、もう色々痛かった。

面白かったので、同じ作者の別の作品も読んでみようかなって思ってる。

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る

About Whellie