HTC One MaxをAndroid 4.4.2にUpdateした。

2月7日にHTC One MaxのOSをAndroid 4.4.2にするSystem updateがきてたのだけど、Android4.4.2にするのに結局1週間もかかってしまった。かなり苦労したし、またUpdateする時に同じ事をするだろうから、ちょっと記録しておこうかなーと思ってこの記事を書いてる。
2014-02-14_191649
去年の12月にHTC One Maxを購入して、割とすぐにbootloaderのUnlockとS-OFFをしてしまっていた。まずはその辺のAndroid4.4.2にする前段階の事を順番にメモって置く。
2014-02-14_211630
1. 下記の記事を参考にしてunlockした。
HTC Oneのブートローダーをアンロックするよ!

UnlockはHTCが公式にやり方を提供していて、その記事に紹介されてる通りにやればさくっとUnlockedになる。Unlockすると/dataが初期化されるらしく、そこにインストールされているアプリは消えてしまう。Android 4.4.2のUpdate対象にそこのアプリも含まれていたため、そこのBackupを取ってなかった事から後々苦労するハメになる・・・・

2. recoveryをCWMにした。
> fastboot flash recovery recovery-clockwork-touch-6.0.4.5-t6ul.img

3. CWMでバックアップを取った(このバックアップがなかったら死んでた。これで何度も復帰した)。

4. カメラの無音化のため/system/media/audio/ui/camera_click.oggを別の名前に変更。CWM中に
>adb shell
# mount /system
# cd /system/media/audio/ui
# mv camera_click.ogg camera_click.xxx
最初はこれだけが目的だった。パズドラを通勤中のバスの中でやってると、そこでスクリーンショットが撮りたくなる事が多々あるのだけど、HTC One Maxのシャッター音はかなりでかいので、バスの中でその音を立てるのはかなりはずかしい。なので無音化したかった。

5. S-OFFにした。
[Guide] S-OFF / Root.Your HTC One Max
[how to] lock/unlock your bootloader without htcdev(s-off required)
Unlockすると指紋認証が使えなくなるので、それが嫌で今度はS-OFF(何もかも自由に弄れる状態)にした。S-OFFにするとadbでの簡単な操作だけでLockとUnlockを遷移できるようになる。そこだけコピペしておく。

■Lock
# echo -ne ‘\x00\x00\x00\x00’ | dd of=/dev/block/mmcblk0p3 bs=1 seek=33796

■Unlock
# echo -ne “HTCU” | dd of=/dev/block/mmcblk0p3 bs=1 seek=33796

S-OFFにするのにroot化する必要があったけど、最終的にはRoot化する前のバックアップからCWMでリストアしてるので、root化はしてない状態になっている。Root化されてるとパズドラが起動しないため、root化のままにしておけないのだった。なのでroot化が必要になったらCWMからSuperuser等をInstall zipして、必要が無くなった時点でCWMでroot化する前の状態にリストアしてる。superuserを跡形も無くuninstall出来れば良かったのだけど、何度か試したけど私にはそれが出来なかったので、CWMでリストアする方法を使ってる。

ここまでがAndroid 4.4.2にする前の話。

2月7日System Updateが着ていたのだけど、まずrecoveryがCWMになっているのでUpdateが出来なかった。なのでまずrecovery.imgをCWMからそれを入れる前のものに戻した。recovery.imgのバックアップは取ってなかったので、この辺からDownloadした。
Stock Recovery [International][1.54.401.1]
> fastboot flash recovery recovery_t6ul-1.54.401.1.img
これで4.2.2にUpdateできる当たるのかと思ったらダメだった。しばらくUpdateしてるような動きをしていたが、結局赤三角のマークがでてUpdateに失敗して、再起動したらフリーズしてしまった。

ボリュームの上と下とPowerボタンを同時に押して10秒ぐらいすると電源が切れるので、そうしてから今度はボリュームの下とPowerボタンを同時にしてbootloaderを起動した。fastbootからまたCWMをinstallして、そこからバックアップをリストアしてから再度Updateのファイルをダウンロードだけして、今度はそれを使って手動でインストールしてみる事にした。

recovery.imgを公式なのに戻して、recoveryを起動して赤い三角が出てる状態でボリュームの上と下を押しながら、Powerボタンを1度押すと手動でRecoveryを出来るモードに入るので、そこでUpdateのファイル(こんな奴がDownloadディレクトリにある)
OTA_T6_UL_K44_SENSE55_MR_hTC_Asia_HK_2.61.708.1-1.19.708.2_release_3511699sx9abtchwjkkpa0.zip
を指定してインストールしてみた。そしたら上の方で書いたけどUnlockした時に消された/dataにあったアプリにパッチを当てようとして死んでる事が分かった。

まずはその消されちゃったアプリを入れてみようと思ってググってみたのだけど、見付からなかったので、OTA_T6_UL_K44_SENSE55_MR_hTC_Asia_HK_2.61.708.1-1.19.708.2_release_3511699sx9abtchwjkkpa0.zipを展開し、その中にあるUpdate用のスクリプト(META-INF\com\google\android\updater-script)を編集する事にした。
Recoveryに使うZipファイルには署名とかが必要らしいけどAuto-signやSignApkを使ってみたけど、ダメっぽかったので、リカバリーをCWMに変更し、そちらでinstall zipを実行する事にした。

その前にまずOTA_T6_UL_K44_SENSE55_MR_hTC_Asia_HK_2.61.708.1-1.19.708.2_release_3511699sx9abtchwjkkpa0.zipを展開して、その中にあるfirmware.zipをInstallしてみた。

> fastboot reboot-bootloader
> fastboot getvar allでバージョンを確認
2014-02-11_134206

> fastboot oem rebootRUU
RUUモードに移って、HTCの銀色文字が出てきたら。
> fastboot flash zip firmware.zip
1度失敗するのでもう1度やるとうまくいく。
> fastboot flash zip firmware.zip
> fastboot reboot-bootloader
> fastboot getvar allで再度バージョンを確認
2014-02-14_204013

 

ファームウエアの更新はこれでOK。この状態でrebootしても立ち上がらないので、再度recoveryをCWMに変更し、そこからバックアップをリカバリーした。この作業によって、recoveryとboot.imgはまた上記Updateをする前に戻ってしまうのでそこは後で再々Updateする。

Update用のスクリプト(META-INF\com\google\android\updater-script)を編集は、/data/preloadのファイルを弄るやつはみんなコメントアウトにして、それからCWMだとmountが旨く機能しなかったので、mountはCWMで事前にして置く事にして、mountとunmountも全部コメントアウトした。winwarで再圧縮してCWMからinstall zipを行って、とりあえず更新は出来た(エラーが出るたびに、バックアップからリストアとスクリプトの更新&圧縮を繰り返した)。

最後にfirmware.zipを展開して、その中にあるboot.imgをfastbootから更新して完了。

> fastboot flash boot boot.img

これで再起動したら、Android4.4.2になって立ち上がった。最初の起動は数十秒掛かったので、また立ち上がらないのかもしれないと思ってドキドキした。

2014-02-14_191720

全くの素人なので、たくさんググって、色々読んで調べて、実行してみて、ダメなら戻してと、何度リストアをしたことか、すごい時間が掛かってしまった。4.4.2で起動したときはうれしかった。

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る

About Whellie