Windows 10 Technical Previewを実機にインストールしてみた

先月に職場のPCが新しくなり、Windows7と8.1が選べる状態だったのでWindows8.1にした。8がでてすぐ試した時はバカが作ったOSという評価をして7に戻したぐらいで、8.1はどうかと思ったが、8.1もやっぱりバカが作ったOSに違いなく、セットアップ中は窓からブン投げたくなるぐらいイライラしながらやった。でも設定が終われば全画面をつかうクソアプリも使う事はめったにないので、なんとか我慢できている。たまにBluetoothが繋がらなくなって壊したくなるけど・・・

[なお正式リリースしたWindows10の記事は>>こちら<<です。まあ正式リリースされてもあんまり状況は変わってなかった]

んで一月以上Windows8.1をつかって大体慣れた(Windowsマークのキー+x を覚えた)ので、ちょっと前に公開されたWindows10の最新のTechnical PreviewをGame用のPCにインストールしてみた。

Game用PCの構成はこんな感じ。
OS:Windows 7 Ultimate sp1 64bit
CPU: Intel Core i7 3930K(@OC4GHz)
CPU Cooler: Corsair Hydro Series H80i
VGA: Geforce GTX 780
Mother: ASUS SABERTOOTH X79
Memory: CORSAIR CMZ12GX3M3A1600C9(4GBx3)12GB
HDD: Transcend TS256GSSD370(256GB SSD) (OS)
Transcend TS512GSSD370(512GB SSD) (Game Install)
Seagate ST3000DM001(3TB)x2 (Game recording)
Power supply: CORSAIR CMPSU-950TXJP(950W)
Sound: Sound blaster X-Fi Titanium
Chassis: LianLi PC-A70B
Headset: Creative Sound Blaster Tactic3D Rage Wireless Gaming Headset , Tritton PC510 HDa
Keyboard: CorsairのVengeance K95 Gaming Keyboard
Mouse:Corsair Vengeance M95 Performance MMO/RTS Laser Gaming Mouse
LCD: Dell U3014 (30″2560×1600) x2
Speaker: Yamaha TSS-15

ISOのファイルをここ↓のページの真ん中辺のJapaneseから日本語版をDownloadした。
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/preview-iso

それをUSBメモリ(4GBだと足りないと思うので8GB以上で)にbootできる形で書きこむ。「USBメモリ Windows10」でググってやり方はすぐ見つかった。ここ↓の書き込みツールをつかうだけ。
http://www.microsoft.com/en-us/download/windows-usb-dvd-download-tool

そんでUSBからBootすれば新規インストールができる所だけど、私はWindows7からUpgrade(上書き)する方をやってみた。Windows7からUSBメモリのドライブを開いてsetup.exeを実行するとupgradeが始まる。
2015-01-29_185223
後は終わるまで見てるだけだった。3回ぐらい再起動したと思う。パズドラをやりながらみてたけど、ちょうど1時間ぐらいかかった。
2015-01-29_180617

OSの入ってる256GBのSSDは150GBぐらい空いてたのが、Windows10を入れたら120GBぐらいになってた。意外に小さい。

そんで、うちのGame用PCのWindows 10の対応はこんな感じだった。

◇動かないもの
・ウイルス対策ソフトとして入れているKasperskyが動かなくなってた。解決策無し。
・Soundblaster X-Fi Titaniumが、音はちゃんと出るが、アプリが動かず設定を一切変更できない。これには光デジタルでスピーカーを、アナログでヘッドセットをつなげてて、今までは同時に同じ音が出力できてたのが、そうするための設定をいじれないので、今はスピーカーからは音が出るがヘッドセットからは出ない。とかそんな状況になっている。解決策無し。
2月8日追記: CreativeのForumにWindows10対応のドライバ等が載ってた。載せたのは1ユーザーで公式的な書き込みじゃないので注意が必要だけど、そこからダウンロードした奴をインストールしたらWindows10でもWindows7と同じように完璧に動作した。下記のスレッド。
http://forums.creative.com/showthread.php?t=713796
SB X-Fi Series Support Pack 3.2 (02/08/2015) – Windows 10 support

◆最初動かなかったけど、動くようになったもの。
・Corsair Hydro Series H80iのCorsair Linkっていうソフトが、温度が0度に表示されたりして動作が怪しかったけど、Corsairのサイトから最新のソフトをDownloadしていれたら問題なくなった。
・battle.net系のGameにLoginできなくなってた。エラーメッセージからたどった所に書いてあった通りにC:\ProgramData\Blizzard Entertainment\Battle.netを消したら行けた。
・Apacheが動かなくなってた。ここのBlogは別のPCでApacheを動かしてるんだけど、こっちのPCでもApacheを動かしてて、テーマのデバッグとかはこっちでやってた。でもWindows10にしたらこっちのPCのApacheがが動かなくなってしまった。調べてみたらportの80番が下記のサービスで使われてたのが原因だったので、そのサービスを止めたら動くようになった。

2015-01-29_075149

これぐらいかなー?他はドライバーの入れ直しとか全くせずに普通に使えてる。

Soundblasterの件が致命的でそれは早いうちのなんとかしてほしい。ググってみると、ひとつ前のBuildでは動いてたららしいので、割とすぐに治ると思ってる。Kasperskyはいつも新しいOSが正式に出てから対応してる感じだったので、こんどもそういう対応になるだろうな。

他には気になるのは、タスクバーの色が変っていうのと、タスクバーの高さを変えられるけど、rebootすると元に戻ってしまうのが不具合っぽい。それとスタートメニューはWindows7みたいにメニューにプログラムの一覧を表示してして、そこからプログラムを実行する事ができるけど、縦に表示されるプログラムが10個ぐらいしかなくて、Windows7の半分ぐらいの数しか表示されないため、目的のプログラムを探すのにやたらとscrollする(マウスのコロコロを回す)必要があって、とってもだるい。相変わらずバカが作ってると思う一面だった。

まだWindows 10にして1日しか経ってなくてあまり触ってないので、今日はこれぐらいにして、また少ししたらその時の感想を書こうと思う。

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る

About Whellie