スマホの画面をPCで録画とか配信とか

タイトルは割と広めにしてみたけど、かなり限定された機種の話になってる。初代Chromecastを買ったのが2014年7月で、こないだ3代目のChromecast(chromecast ultra)が知らない間(去年の11月ぐらい?)に発売されてたので買ってみた。ヨドバシカメラで9700円ぐらいで、ポイントが970円付くので他所よりは安いんじゃないかなーと思ってるけど、初代は4500円だったからそれに比べたらだいぶ高い。

値段が高い分性能がアップしてて、画面サイズは4Kまで対応してるし、1080pなら60fpsも可能。初代は最大でも1080pの30fpsだったし。

多分Chromecastの本来の用途はPCを使わずに、スマホ⇒Chromecast経由で大画面で動画をみたりする事なのかなーと思っているけど、私はPCが43インチにつながってるし、そういう用途では必要ない。私がChromecastを買った目的は、無線経由でスマホの画面(ゲームやってる様子)と音声をPCに取り込めるって事にある。

パズドラの初期はmobizenMHLを使っていろいろと面倒な事をしてスマホの画面を取り込んでたんだけど、パズドラ後期やグラブルなどはChromecast(初代)でスマホの画面(音も)を飛ばして、簡単にPCで取り込んで録画してた。

実際にはPCとChromecastのほかにHDMI経由でPCにキャプチャーするための装置が必要で、それには私はAvermediaのGC550を使ってる。HDMIを入力として映像と音を取り込み、USB3.0を介してPCに取り込む事が出来る。1080pの60fpsでキャプチャーできる。2015年7月に買ってからずーっと電源入れっぱなしで使ってるけど、全く問題なく動作してる。私のお気に入りの機器の一つ。

そんでPCに取り込んだ映像と音声をXsplitやOBSで録画したり、配信したりしてる。

Chomecast Ultraのセットアップの様子を録画してたので、適当にスクリーンショットを載せておく。

スマホでアクセスるとこうなって・・・
スマホのWIFIの設定をChomecast Ultraに引き継げるので、面倒なパスワード的なのを入力する必要がなく、すんなりネットーワークに接続できた。
ネットワークに接続出来たらアップデートが始まった。10秒程度ですぐ終わった。

と長々書いたが、Chromecast Ultraを使ってのスマホゲームの録画はもうやってない。動画を見るのであれば全然いいのだが、激しく動く1080p60fpsの画面をエンコードして送信するにはまだまだスマホでは無理があるようで、パズドラ程度なら全然問題ないが、デレステ程の派手な動きをされるとブロックノイズが目立ってしまう(後で例を載せる)。

というわけで別の方法でスマホの画面を取り込むことにした。

私が今使ってるスマホはHTC 10。HTC 10はDisplayPort Alternate Mode(Alt Mode)に対応している事がChromecast Ultraを買ってから知った。DisplayPort Alternate Mode(Alt Mode)は簡単に言うとUSB Tyep Cから直にHDMIやDisplayportへ変換できる機能で、アマゾンとかで検索すればUSB Type CからHDMIに変換する機器が1500~4000円ぐらいで売られている。そんなわけでアマゾンで買った。2300円ぐらい。



これでスマホから直にHDMIに出力できるようになった。しかもこれは昔同じくUSB⇒HDMIの規格のMHLで苦労したのとは違って、何の手間もなく1080p60fpsで出力できる(4Kにも対応しているが試してない)。

Chromecastの場合は、スマホの画面をスマホでエンコード(圧縮)しChomecastに送信(無線だが有線でもできる)しHDMIに出力する。ここで問題なのがスマホの画面のエンコードをスマホのCPUを使って行っている所。Youtube等の動画の配信であればエンコードされたものを送るだけなのでスマホ側は軽い処理であるが、画面のエンコードは綺麗にしようとしたらかなり重たくなる。対してDisplayPort Alternate Mode(Alt Mode)の場合はスマホの画面をそのままHDMIに出力するので、スマホは何も負荷が増えない。そんなわけでDisplayPort Alternate Mode(Alt Mode)の圧勝なのであった。画面をみれば圧勝具合がよくわかる。

Chomecast Ultra

DisplayPort Alternate Mode(Alt Mode)あんまり変わらないように見えるかも知れないけど全然違う(大きな画面で見ないとわからないかも)。

真ん中を境にして、左側がChomecast、右側がDisplayPort Alternate Mode(Alt Mode)のスクリーンショット。背景のディテールが全然違う事が分かると思う。

Chomecast Ultraはたまにカクっとなり、直後にブロックノイズだらけのこういうフレームも出来てた。

こういうのがDisplayPort Alternate Mode(Alt Mode)だと全くない。なお、DisplayPort Alternate Mode(Alt Mode)は新しめのスマホしか対応してないと思う。USBのコネクタ形状が Type Cである事が大前提だし。

と、いうわけで完璧なスマホの映像(1080p60fps)と音声をPCに取り込む環境を手に入れた。

とはいえ、1年ぐらい前にパズドラとグラブルをやめてから深くはスマホのゲームはやってないので、すぐに動画をUpするわけではないけど。

今かろうじてやっているのは、オルガルとマジガールは毎日ログインしてる。Fate/GOは2月から始めたけどもう止めそう。一番最近は陰陽師を三日前からやっていて、数回のリセマラで一番強いSSRの茨木童子が出た。ストーリーが私の好みなので、すこし続けようかなーと思ってる。

たぶんそのうちガチャ動画をアップするかもしれない。あとデレステのMV集を自分用に作ろうかなーと思ってる。

ps.
少し上で載せたAnkerのUSB Type-C⇒HDMIをする機器を別のに買い替えた。

スマホの画像と音声をHDMIに出力するだけなら上記のAnkerの機器だけで十分なんだけど、ゲームをやってるとバッテリーの減りがすごいので充電しながらやりたい。でも上に載せたやつだとそれは無理。というわけで、USB Type-CからHDMIに出力でき、且つ充電もできるものに買い替えた。こんなの。

アマゾンで2600円ぐらいだった。スマホに繋げるのはケーブルの先のUSB Type-Cで、逆側はこんな感じに左からUSB Type-C, HDMI, USB3.0と3つ口があって、この並びで間際らしいのだけど、右の2つが出力で、一番左のUSB Type-Cは充電用で、充電器(ACアダプタ)をここに接続すればスマホの充電ができる。

急速充電に対応してる充電器を使ったらバッテリーは一切減らずHDMIに出力しつつゲームする事が出来た。これで何時間も連続で遊べる。遊びまくれる。

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る

About Whellie