NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti速すぎ

昨日ふとGeForce GTX 1080Tiが欲しくなって、アマゾンで玄人志向とか以外で一番安かったGIGABYTEのオリジナルファンを搭載した1080tiを注文した。92000円ぐらい。それを今朝9時前にヤマトのおじさんが届けてくれた。起きたばっかりで寝ぐせ付けた状態で受け取った。

電源は8ピンと6ピンが必要。最初8ピンのほうが若干抜けたままPCの電源を入れたら。個々のソケットのそば(この写真だと裏側にあって見えない)にあるLEDが激しく光って抜けてる事を教えてくれた。

背面は、今更使うとは思えないDVI-Dが1個にキャプチャー用に使うことになるHDMIが1個に、ディスプレイにつなげるDisplayPortが3個。

これをゲーム用のPCにつけた。もともとゲーム用PCはMaxwell世代のTITAN Xを積んでて、それは抜かずに1080tiを追加した。ゲームやらないときは両方のGPUで今流行りのBitcoinのMining(正確にはちょっと違うけど)を行う。

2年半ぐらい前に12万円したTITAN Xと、今9万円の1080tiを3DMarkでベンチマークして比べてみた。まずはハイスペックPC用のベンチであるFire Strike。

どっちの数字が1080tiか書いてないけど左が1080ti。TITAN Xボロ負けである。

DirectX12用のTime Spyの結果はこれ。

ここまではフルHD(1980×1080)の解像度。4KのベンチマークであるFire Strike Ultraもやった

というわけで1080tiはTITAN Xの倍ぐらい早いらしい。

それと4Kだと1080tiをもってしてもFPSが20~30台と低くなってしまうので、まだ4Kで高負荷なゲームをするのは早すぎるみたい。ただ実際PUBGを4Kで全部Ultra設定でやってみるとそこまでFPSは落ちず、普通に遊べるし、めちゃキレイ。まあPUBGの場合重さがネットワーク起因だし、録画や配信を考えると4Kで遊ぶのはグラフィック以外にもまだ世の中が全然追い付いてないのは事実。

mimingもTITAN Xと1080tiは上記のベンチマークと似たような性能さがある事を確認してる。それとGIGABYTEの1080tiはファンが優秀なのかかなりの負荷をかけてTITAN Xが80度行く場面でも70度ぐらいに収まってくれてる。いい買い物をした。

というわけでゲーム環境がだいぶ良くなったので年末年始はPUBGを頑張ろうかなーと思ってる。アズールレーンのイベントもあるのでそっちと時間の取り合いになるかな。

最後にゲーム用PCのスペックを書いておく

+ OS:Windows 10 Pro 64bit
+ CPU: Intel Core i7 5960X
+ CPU Cooler: Corsair Hydro Series H100i
+ VGA: GeForce GTX 1080ti , GeForce GTX TITAN X
+ Mother: ASUS X99-A
+ Memory: Corsair CMK32GX4M4A2133C13 (8GB DDR4 SDRAM PC4-17000)x4=32GB
+ HDD: SanDisk SSD UltraII 240GB SSD (OS)
Transcend TS512GSSD370(512GB SSD) (Game Install)
SanDisk (512GB SSD) (Game Install)
HGST HDN724030ALE640(3TB)x2 (game recording)
+ Power supply: Corsair HX850i [850W/80PLUS Platinum]
+ Sound: Sound blaster X-Fi Titanium
+ Chassis: Corsair Air 540
+ Headset: SteelSeries Arctis7
+ Keyboard: Corsair Vengeance K95 Gaming Keyboard
+ Mouse: SteelSeries Sensei Wireless Laser Mouse
+ LCD: Philips BDM4350UC/11(43″4K UHD(3840×2160)), Dell U3014 (30″2560×1600)
+ Speaker: Yamaha TSS-15

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る

About Whellie