茶軸のキーボードを購入。HyperX Alloy FPS HX-KB1BR1-NA/A3

Sponsored Links

今までCorsairのVengeance K95 Gaming Keyboardっていう赤軸のキーボードを使ってたけど、赤軸より少し重めの黒軸か茶軸に変えたくていろいろ検討した結果、HyperX Alloy FPS HX-KB1BR1-NA/A3の茶軸バージョンを買った。

最初は黒軸を探してたけど、黒軸で探してみると、ゲーミング用としてはほぼないことが分かって、茶軸に切り替えた。そんでまず、大好きなCorsairから探したわけだけど、日本で売られているのはキーの配列がいわゆる日本語配列ってやつだけで、私はずっとASCII配列というかUS配列というか、英語配列というかそれを20年以上使っていて、今更それは変えられないので、英語配列のものをAmazon.comで輸入する事も考えたけど、結局今回購入したHyperX Alloy FPS の茶軸バージョンを日本のアマゾンで買った。11000円ぐらい。

HyperX Alloy FPSは赤軸、青軸、茶軸から選べて、またテンキー付きのフルキーのキーボードだけど、メディア操作系といった、ゲームするのに余計なキーがついてないので奥行きが狭いのがよい点だと思ってる。

FPSでよく使うAWSDと1234のキートップが変更できるようになってた。AWSDは滑らないような加工がされてるもので、早速これに取り換えた。キーは付属のツールで簡単に引っこ抜けた。

つけるのは押し込むだけなので簡単に取り換えられた。

このキーボードはキー全部に赤に光るLEDがついてて赤く光る。

LEDの明るさは、FN+カーソルキーで調整できた。特に追加でソフトを入れたりせずにできるのが良い。

茶軸のキーの押し心地は赤軸より少し重く、また適度なクリック感があって気持ちい。音も青軸みたいにうるさくないのが良い。昨日配信で使ったけど、見返してみる限りはキーの音は聞こえなかったと思う。

というわけで、あとは耐久性が良ければいいなーと思ってる。今まで使ってたCorsairのキーボードは4年使ってて全く問題なかったので、これもそれぐらい使えれば良いな。

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る

About Whellie