VirtualBox上のFedora28でWordPressを動かす(後半)

Sponsored Links

ふとブログを仮想化しようかなーと思いったった。(冒頭は前の記事と同じで手抜き・・・)VirtualBoxでFedora28を動かして、apache, MySQL8, php7, samba等を入れて、そこでWordpressを動かす。これができるまでに2日かかった。やり方を忘れないようにメモっておく意味で記事にしてる。書いてるうちに、だいぶ長くなってしまったので、この記事は前半でVirualBoxにインストールしたFedora28に、いろいろ設定してWordpressを立ち上げるっていう後半の記事になる。

というわけで、前半でVirtualBox上でFedora28が動くようになった

起動した後は全部Teratermで行う。sshdは最初から動いてる。なのでIPアドレスを指定して、rootでteratermでLoginする。

まだ何も入れてない状態のdfの結果がこれ。14GBぐらいあいてる。

# df -h
Filesystem               Size  Used Avail Use% Mounted on
devtmpfs                 2.0G     0  2.0G   0% /dev
tmpfs                    2.0G     0  2.0G   0% /dev/shm
tmpfs                    2.0G  884K  2.0G   1% /run
tmpfs                    2.0G     0  2.0G   0% /sys/fs/cgroup
/dev/mapper/fedora-root   15G  1.6G   14G  11% /
tmpfs                    2.0G  4.0K  2.0G   1% /tmp
/dev/sda1                976M  124M  786M  14% /boot
tmpfs                    395M     0  395M   0% /run/user/0

最初は、最新の状態にアップデートする。

 # yum update

800個ぐらいアップデートがあって、5分以上ぐらいかかった。

次に、Sambaの設定をする。Wordpressを立ち上げるのには直接は関係しないが、Sambaを使えるようにしておくと、Wndowsを介してファイルを簡単にコピーできるようになるので、そのためにやっておく。

一応インストールされてることを調べた。

# yum list installed |grep samba
samba.x86_64                           2:4.8.3-2.fc28                  @updates 
samba-client.x86_64                    2:4.8.3-2.fc28                  @updates 
samba-client-libs.x86_64               2:4.8.3-2.fc28                  @updates 
samba-common.noarch                    2:4.8.3-2.fc28                  @updates 
samba-common-libs.x86_64               2:4.8.3-2.fc28                  @updates 
samba-common-tools.x86_64              2:4.8.3-2.fc28                  @updates 
samba-libs.x86_64                      2:4.8.3-2.fc28                  @updates 

ちゃんとインストールされていたので、これを有効にする。設定ファイルが/etc/sambaにあるが、まったく修正しないでユーザーのホームだけ共有されるようになっているので、そのまま使う。

firewallの穴をあけて、sambaで使うユーザーを登録し、サーバーを起動するのと、bootした時に自動でサーバーが起動するようにする。

# firewall-cmd --add-service=samba --permanent
# firewall-cmd --reload
# pdbedit -a nonomoka
new password:
retype new password:
# systemctl start smb nmb
# systemctl enable smb nmb
Created symlink /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/smb.service /usr/lib/systemd/system/smb.service.
Created symlink /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/nmb.service  /usr/lib/systemd/system/nmb.service.

これでFedoraのユーザー(nonomoka)のホームディレクトリの共有が完了。Windowsからみてみると、ネットワークにみえてる。

クリックすると、ユーザー名とパスワードを聞かれるので、さっき作ったユーザーでログインすると、ホームがみられるようになる。

上記フォルダーにWindows側からファイルを置くことも、そこからWindows側にコピーすることも可能。sambaの設定はこれだけ。

次はMySQL8.0.12(これを書いてる時点での最新版)のインストール。

# dnf install https://dev.mysql.com/get/mysql80-communnity-release-fc28-1.noarch.rpm
# dnf install mysql-community-server

これでインストールできた。まずmysqlの起動と、bootした時に自動でmysqlが起動するようにする。

# systemctl start mysqld
# systemctl enable mysqld

mysqlのrootのパスワードが/varlog/mysqld.logに書かれるのでそれを探す。

# grep password /var/log/mysqld.log
2018-08-05T02:13:34.171773Z 5 [Note] [MY-010454] [Server] A temporary password is generated for root@localhost: 4A=(u-j2mW_>
[root@fedora-new wordpress]# 4A=(u-j2mW_>

一番最後にでてるのがrootのpassword。これ使ってmysqlにloginし、rootのpasswordを変更する。

mysql -u root -p
Enter password: 
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 8
Server version: 8.0.12

Copyright (c) 2000, 2018, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

mysql> set password = '変更後のパスワードを適当に';
Query OK, 0 rows affected (0.03 sec)

続けてwordpress用のユーザーとdbを作っておく。

mysql> create database wddb;
Query OK, 1 row affected (0.10 sec)
mysql> create user 'ユーザー名'@'localhost' identified by 'パスワード';
Query OK, 0 rows affected (0.05 sec)
mysql> grant all on wddb.* to 'ユーザー名'@'localhost';
Query OK, 0 rows affected (0.03 sec)
mysql> quit
Bye

Mysqlの設定はこれでおしまい。この時点でのdfの結果はこんな感じ。MySQLがでかくてびっくり。残り8GBになった。

# df -h
Filesystem               Size  Used Avail Use% Mounted on
devtmpfs                 2.0G     0  2.0G   0% /dev
tmpfs                    2.0G     0  2.0G   0% /dev/shm
tmpfs                    2.0G  912K  2.0G   1% /run
tmpfs                    2.0G     0  2.0G   0% /sys/fs/cgroup
/dev/mapper/fedora-root   15G  6.8G  8.3G  46% /
tmpfs                    2.0G  4.0K  2.0G   1% /tmp
/dev/sda1                976M  159M  751M  18% /boot
tmpfs                    395M     0  395M   0% /run/user/0

次にApache2.4とphp7の設定をする。どちらもインストール済みなので、設定をして起動する。

apacheの設定ファイルは/etc/httpdにあるので、ここで行う。

# cd /etc/httpd
# ls -ltr 
total 4
lrwxrwxrwx. 1 root root   19 Jul 20 19:30 state -> ../../var/lib/httpd
lrwxrwxrwx. 1 root root   10 Jul 20 19:30 run -> /run/httpd
lrwxrwxrwx. 1 root root   29 Jul 20 19:30 modules -> ../../usr/lib64/httpd/modules
lrwxrwxrwx. 1 root root   19 Jul 20 19:30 logs -> ../../var/log/httpd
drwxr-xr-x. 2 root root   37 Jul 20 19:30 conf
drwxr-xr-x. 2 root root  190 Aug  5 10:52 conf.d
drwxr-xr-x. 2 root root 4096 Aug  5 10:52 conf.modules.d

まずconfにあるhttpd.confのServerAdminとServerNameを変更する。

#
# ServerAdmin: Your address, where problems with the server should be
# e-mailed.  This address appears on some server-generated pages, such
# as error documents.  e.g. admin@your-domain.com
#
ServerAdmin root@localhost

#
# ServerName gives the name and port that the server uses to identify itself.
# This can often be determined automatically, but we recommend you specify
# it explicitly to prevent problems during startup.
#
# If your host doesn't have a registered DNS name, enter its IP address here.
## If your host doesn't have a registered DNS name, enter its IP address here.
#
#ServerName www.example.com:80

実際の設定例はここに書かなくてもわかるので、書かない。それと、ディレクトリインデックスを表示しないようにするOptionも修正する。

# Further relax access to the default document root:
<Directory "/var/www/html">
#
# Possible values for the Options directive are "None", "All",
# or any combination of:
#   Indexes Includes FollowSymLinks SymLinksifOwnerMatch ExecCGI MultiViews
#
# Note that "MultiViews" must be named *explicitly* --- "Options All"
# doesn't give it to you.
#
# The Options directive is both complicated and important.  Please see
# http://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/core.html#options
# for more information.
#
Options Indexes FollowSymLinks

これを下のようにする。

Options FollowSymLinks

この3か所以外はいじらなくて良い。

次はconf.dを設定する。

# cd /etc/httpd/conf.d
# ls -ltra
total 48
-rw-r--r--. 1 root root 1752 Jun 15  2017 perl.conf
-rw-r--r--. 1 root root  302 Feb 10 12:25 webalizer.conf
-rw-r--r--. 1 root root  298 Jun 28 19:13 squid.conf
-rw-r--r--. 1 root root 1618 Jul 17 19:29 php.conf
-rw-r--r--. 1 root root  516 Jul 20 19:27 welcome.conf
-rw-r--r--. 1 root root 1252 Jul 20 19:27 userdir.conf
-rw-r--r--. 1 root root 9630 Jul 20 19:27 ssl.conf
-rw-r--r--. 1 root root  344 Jul 20 19:27 manual.conf
-rw-r--r--. 1 root root  366 Jul 20 19:30 README
-rw-r--r--. 1 root root 2893 Jul 20 19:30 autoindex.conf
drwxr-xr-x. 2 root root  190 Aug  5 10:52 .
drwxr-xr-x. 5 root root  105 Aug  5 10:52 .. 

まずwelcom.confがいらないので、名前を変える。ここのディレクトリは.confっていう拡張子のファイルが読み込まれるので、welcom.confが読み込まれないように名前を変える。

# mv welcome.conf welcome.conf-bakcup

sslを使わないのであればssl.confも同様に名前を変える。私は使うので編集する。SSLCertificateKeyFileとSSLCertificateChainFileとSSLCACertificateFileの3つを編集して先頭の#を取って有効にする。

#   Server Private Key:
#   If the key is not combined with the certificate, use this
#   directive to point at the key file.  Keep in mind that if
#   you've both a RSA and a DSA private key you can configure
#   both in parallel (to also allow the use of DSA ciphers, etc.)
#   ECC keys, when in use, can also be configured in parallel
SSLCertificateKeyFile /etc/pki/tls/private/localhost.key

#   Server Certificate Chain:
#   Point SSLCertificateChainFile at a file containing the
#   concatenation of PEM encoded CA certificates which form the
#   certificate chain for the server certificate. Alternatively
#   the referenced file can be the same as SSLCertificateFile
#   when the CA certificates are directly appended to the server
#   certificate for convenience.
#SSLCertificateChainFile /etc/pki/tls/certs/server-chain.crt

#   Certificate Authority (CA):
#   Set the CA certificate verification path where to find CA
#   certificates for client authentication or alternatively one
#   huge file containing all of them (file must be PEM encoded)
#SSLCACertificateFile /etc/pki/tls/certs/ca-bundle.crt

それからSSLProtocolだけど、最近のopensslではプロトコル上脆弱性のあるSSLv2は使えなくなってるらしく、特にSSLv2を明示して使えなくする必要はないらしい。なので、最初から指定してあるこれでOKっぽい。


SSLProtocol all -SSLv3
SSLProxyProtocol all -SSLv3

conf.dはこれだけ。次にconf.modules.dの設定をする。

# cd /etc/httpd/conf.modules.d
# ls -ltr
total 56
-rw-r--r--. 1 root root  448 Jun 15  2017 02-perl.conf
-rw-r--r--. 1 root root   57 May  2 18:02 10-proxy_h2.conf
-rw-r--r--. 1 root root   45 May  2 18:02 10-h2.conf
-rw-r--r--. 1 root root  480 Jul 17 19:29 15-php.conf
-rw-r--r--. 1 root root  451 Jul 20 19:27 01-cgi.conf
-rw-r--r--. 1 root root   88 Jul 20 19:27 00-systemd.conf
-rw-r--r--. 1 root root   41 Jul 20 19:27 00-ssl.conf
-rw-r--r--. 1 root root 1073 Jul 20 19:27 00-proxy.conf
-rw-r--r--. 1 root root  787 Jul 20 19:27 00-optional.conf
-rw-r--r--. 1 root root  951 Jul 20 19:27 00-mpm.conf
-rw-r--r--. 1 root root   41 Jul 20 19:27 00-lua.conf
-rw-r--r--. 1 root root  139 Jul 20 19:27 00-dav.conf
-rw-r--r--. 1 root root 3311 Jul 20 19:27 00-base.conf
-rw-r--r--. 1 root root  418 Jul 20 19:30 README

ここは15-php.confが不要なので、名前を変える。

# mv 15-php.conf 15-php.conf-backup

ここはこれだけ。これでahacheの設定は完了。httpdとhttpsのfirewallの設定を変更する。

#  firewall-cmd --list-all
FedoraServer (active)
  target: default
  icmp-block-inversion: no
  interfaces: enp0s3
  sources: 
  services: ssh dhcpv6-client cockpit samba
  ports: 
  protocols: 
  masquerade: no
  forward-ports: 
  source-ports: 
  icmp-blocks: 
  rich rules: 
# firewall-cmd --permanent  --add-service=http
# firewall-cmd --permanent  --add-service=https
# firewall-cmd --list-all
FedoraServer (active)
  target: default
  icmp-block-inversion: no
  interfaces: enp0s3
  sources: 
  services: ssh dhcpv6-client cockpit samba http https
  ports: 
  protocols: 
  masquerade: no
  forward-ports: 
  source-ports: 
  icmp-blocks: 
  rich rules: 

firewall-cmd –list-allで設定状況を表示してる。設定後にhttpとhttpsが追加されたのがわかる。

httpdを起動する。一応起動前に設定ファイルが正しいことを確かめる。

# httpd -t
Syntax OK
# systemctl start httpd
# systemctl enable httpd

それからphp-fpmも起動する。こいつがapacheからphpを使えるようにしてくれる。

# systemctl start php-fpm
# systemctl enable php-fpm
# ps -ef|grep http
root      5974     1  0 11:38 ?        00:00:00 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
apache    5981  5974  0 11:38 ?        00:00:00 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
apache    5982  5974  0 11:38 ?        00:00:00 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
apache    5983  5974  0 11:38 ?        00:00:00 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
apache    5984  5974  0 11:38 ?        00:00:00 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
root      6250  1221  0 11:39 pts/0    00:00:00 grep --color=auto http
# ps -ef|grep php
root      5970     1  0 11:38 ?        00:00:00 php-fpm: master process (/etc/php-fpm.conf)
apache    5976  5970  0 11:38 ?        00:00:00 php-fpm: pool www
apache    5977  5970  0 11:38 ?        00:00:00 php-fpm: pool www
apache    5978  5970  0 11:38 ?        00:00:00 php-fpm: pool www
apache    5979  5970  0 11:38 ?        00:00:00 php-fpm: pool www
apache    5980  5970  0 11:38 ?        00:00:00 php-fpm: pool www
root      6252  1221  0 11:39 pts/0    00:00:00 grep --color=auto php

これでApacheも動くようになった。PHPも動くはずだ。というわけて試す。まず/var/www/htmlになにも置かないでどうなるか?
ディレクトリの中身が表示されることはなく、これでOK.

一つ忘れてた、ghosthack.netでアクセスした時に、今回作成した仮想マシンにアクセスできるように、WindowsPCがわのhostsを編集する必要がある。そのやり方も書いておく。Windows10だとPowershell、他はコマンドプロンプトになると思う。これを管理者として使う。hostsは管理者しかいじれないので。

起動するとカレントフォルダーがWindows\system32になっているで、そのままdriver\etcへ移動する。そしてそこでnotepad(メモ帳)を起動してhostsを編集する。

hostsには仮想マシンのIPアドレスと、それにアクセスする名前を1行に書いて保存する。

PCの再起動はいらない。すぐに適用される。これでghosthack.netをWindowsPCのブラウザからアクセスすると、さっき作った仮想マシンにアクセスするようになる。

次は、index.htmlを/var/www/htmlにおいて通常のHTMLが表示されるか試す。

# ls -ltra
total 4
drwxr-xr-x. 5 root root 46 Jul 20 19:30 ..
-rw-r--r--. 1 root root 40 Aug  5 11:42 index.html
drwxr-xr-x. 2 root root 24 Aug  5 11:42 .
# cat /var/www/html/index.html
<body>
test test
</body>
</html>

結果OKだった。(スクリーンショットを取り忘れた)

次にphpが動作するか、試した。

# cat /var/www/html/index.php
<?php phpinfo()?>

OKっぽい。

最後にWordpressのための準備をする。
まずseLinuxの設定を少しいじる。httpに関係するものはたくさんあるのだけど

# getsebool -a |grep http
httpd_anon_write --> off
httpd_builtin_scripting --> on
httpd_can_check_spam --> off
httpd_can_connect_ftp --> off
httpd_can_connect_ldap --> off
httpd_can_connect_mythtv --> off
httpd_can_connect_zabbix --> off
httpd_can_network_connect --> off
httpd_can_network_connect_cobbler --> off
httpd_can_network_connect_db --> off
httpd_can_network_memcache --> off
httpd_can_network_relay --> off
httpd_can_sendmail --> off
httpd_dbus_avahi --> off
httpd_dbus_sssd --> off
httpd_dontaudit_search_dirs --> off
httpd_enable_cgi --> on
httpd_enable_ftp_server --> off
httpd_enable_homedirs --> off
httpd_execmem --> off
httpd_graceful_shutdown --> off
httpd_manage_ipa --> off
httpd_mod_auth_ntlm_winbind --> off
httpd_mod_auth_pam --> off
httpd_read_user_content --> off
httpd_run_ipa --> off
httpd_run_preupgrade --> off
httpd_run_stickshift --> off
httpd_serve_cobbler_files --> off
httpd_setrlimit --> off
httpd_ssi_exec --> off
httpd_sys_script_anon_write --> off
httpd_tmp_exec --> off
httpd_tty_comm --> off
httpd_unified --> off
httpd_use_cifs --> off
httpd_use_fusefs --> off
httpd_use_gpg --> off
httpd_use_nfs --> off
httpd_use_openstack --> off
httpd_use_sasl --> off
httpd_verify_dns --> off
mysql_connect_http --> off
named_tcp_bind_http_port --> off
prosody_bind_http_port --> off

httpd_can_network_connectをonに変えたら使えるようになったので、これをonにする。

# setsebool -P httpd_can_network_connect=on

php関連で2つモジュールをインストールする。前者は私が使ってるプラグインで使ってたもので、後者は日本語を扱う関数が入ってるやつ。

# yum install php-xml php-mbstring

あとはWordpressをインストールするだけ。まずはWordpressの最新版を公式からDownload

# wget https://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz 

これを展開して、出てきたwordpressの下のものを全部/var/www/htmlに移動。tarで展開するときはファイル数が多いのでオプションにvはつけないほうがいい。

# cd /var/www/html
# tar xf latest-ja.tar.gz 
# mv wordpress/* .
# rmdir wordpress

あとはwp-config.phpにデータベースの名前と、ユーザー名とパスワードを記述してブラウザでアクセスする。


あとはブラウザ上で設定するだけ・・・・・・なはずだけど、場合によっては書き込みができない事があって、プラグインの更新や削除ができなかったり、FTPで接続・・・・と言われる場合がある。

これは基本的に/var/www/html以下のファイルやディレクトリのパーミッションだったりオーナーだったり、selinuxの設定のせいだったりする。パーミッションやオーナーであればすぐ治せるが、Selinuxの設定がよくわからなかったのでかなりこれで時間を食った。

lsのオプションで大文字Zを付けたときにでてくるコンテキスト?の問題であることがわかった。ググるとSeLinuxをOffにせよってのが多いんだけど、それだとセキュリティ的にバカなので、ちゃんとしたいので、ほんとに時間かけて調べた。コンテキストはchconやrestoreconを使って修正する(使い方はググる)が、こんな感じにwp-contentがrwになってればダイジョブみたい。

# ls -lZ 
total 196
-rw-r--r--.  1 apache apache unconfined_u:object_r:httpd_sys_content_t:s0      418 Sep 25  2013 index.php
-rw-r--r--.  1 apache apache unconfined_u:object_r:httpd_sys_content_t:s0    19935 Jan  7  2018 license.txt
-rw-r--r--.  1 apache apache unconfined_u:object_r:httpd_sys_content_t:s0    10303 Aug  3 11:07 readme.html
-rw-r--r--.  1 apache apache unconfined_u:object_r:httpd_sys_content_t:s0     5458 May  2 07:10 wp-activate.php
drwxr-xr-x.  9 apache apache unconfined_u:object_r:httpd_sys_content_t:s0     4096 Aug  3 11:07 wp-admin
-rw-r--r--.  1 apache apache unconfined_u:object_r:httpd_sys_content_t:s0      364 Dec 19  2015 wp-blog-header.php
-rw-r--r--.  1 apache apache unconfined_u:object_r:httpd_sys_content_t:s0     1889 May  3 07:11 wp-comments-post.php
-rw-r--r--.  1 apache apache unconfined_u:object_r:httpd_sys_content_t:s0     3866 Aug  5 12:13 wp-config.php
-rw-r--r--.  1 apache apache unconfined_u:object_r:httpd_sys_content_t:s0     3886 Aug  3 11:07 wp-config-sample.php
drwxr-xr-x.  6 apache apache unconfined_u:object_r:httpd_sys_rw_content_t:s0    84 Aug  5 12:16 wp-content
-rw-r--r--.  1 apache apache unconfined_u:object_r:httpd_sys_content_t:s0     3669 Aug 20  2017 wp-cron.php
drwxr-xr-x. 18 apache apache unconfined_u:object_r:httpd_sys_content_t:s0     8192 Aug  3 11:07 wp-includes
-rw-r--r--.  1 apache apache unconfined_u:object_r:httpd_sys_content_t:s0     2422 Nov 21  2016 wp-links-opml.php
-rw-r--r--.  1 apache apache unconfined_u:object_r:httpd_sys_content_t:s0     3306 Aug 22  2017 wp-load.php
-rw-r--r--.  1 apache apache unconfined_u:object_r:httpd_sys_content_t:s0    37794 Jul 16 23:14 wp-login.php
-rw-r--r--.  1 apache apache unconfined_u:object_r:httpd_sys_content_t:s0     8048 Jan 11  2017 wp-mail.php
-rw-r--r--.  1 apache apache unconfined_u:object_r:httpd_sys_content_t:s0    16246 Oct  4  2017 wp-settings.php
-rw-r--r--.  1 apache apache unconfined_u:object_r:httpd_sys_content_t:s0    30091 Apr 30 08:10 wp-signup.php
-rw-r--r--.  1 apache apache unconfined_u:object_r:httpd_sys_content_t:s0     4620 Oct 24  2017 wp-trackback.php
-rw-r--r--.  1 apache apache unconfined_u:object_r:httpd_sys_content_t:s0     3065 Sep  1  2016 xmlrpc.php

最後のdfがこれ。MySQL入れた後は微増ですんだ。

# df -h
Filesystem               Size  Used Avail Use% Mounted on
devtmpfs                 2.0G     0  2.0G   0% /dev
tmpfs                    2.0G     0  2.0G   0% /dev/shm
tmpfs                    2.0G  924K  2.0G   1% /run
tmpfs                    2.0G     0  2.0G   0% /sys/fs/cgroup
/dev/mapper/fedora-root   15G  6.9G  8.2G  46% /
tmpfs                    2.0G  4.0K  2.0G   1% /tmp
/dev/sda1                976M  159M  751M  18% /boot
tmpfs                    395M     0  395M   0% /run/user/0

これでWordpressが完璧に動くようになった。面倒だったのはやっぱりSeLinux。あとPHPが5から7に上がっている事かな。いろんなサイトを参考にしたけど、情報が古いのでほぼ役に立たないというか、その通りにすると余計におかしくなる状況だった。結局は、この記事に書いたようにインストールされたままの設定がほぼ出来上がってるので、あまりいじらずに使うのが正しかったようだ。

というわけで、いまこのブログはWindows10上のVirtualBox上のFedora28で動いてる。今まではWindows10のカスペルキーが変なアクセスをブロックしてくれてたけど、そういうのがないからちょっと心配。

最後に参考にしたサイトを順不同で載せて終わりにする。

https://qiita.com/pugiemonn/items/84e060b39c2c15e80b57

https://qiita.com/sango/items/b045a1da17606eda6f82#2-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AE%E8%A8%AD%E5%AE%9A

https://commandlinelog.wordpress.com/2014/09/25/setting-up-fedora-apache-php-fpm-mpm_event/

https://www.if-not-true-then-false.com/2010/install-apache-php-on-fedora-centos-red-hat-rhel/

https://www.mysterydata.com/install-mysql-8-0-on-fedora-28-27-26-centos-rhel-7-6-ubuntu-18-04-16-04/

https://sbkenjiakg.com/archives/134

https://sys-guard.com/post-14251/#SELinux-3

http://park1.wakwak.com/~ima/centos4_apache0002_p2.html

https://xn--o9j8h1c9hb5756dt0ua226amc1a.com/?p=279

https://www.hiroom2.com/2016/06/26/fedora-24-samba%E3%82%92%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%97%E3%81%A6windows-10%E3%81%A8%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%E5%85%B1%E6%9C%89%E3%81%99%E3%82%8B/

https://www.adminweb.jp/wordpress/install/index1.html

あーそうそう、これ系をググるとServer worldってサイトがたくさん引っかかるけど、まったくもって参考にならないことばかり書いてあるのでメモっておきたかった。次何かあった時にも、Server worldは無視しろと自分に言いたい。

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る

About Whellie