本革張りのゲーミング役員用チェア買った。

Sponsored Links

椅子を買った。タイトルのゲーミングってのは全然嘘で、カタログにはエクゼティブチェア・役員用チェアと書いてある内田洋行のEX-615を買った。本革張りで定価だと税込みで30万ぐらい。安いお店でも19万ぐらいする。一度も座り心地を見ないで買うには高すぎるので、3か月ぐらい悩んでたんだけど、中古であんまり劣化してない感じのが3万円で売ってたので、それを買ってみた。それが昨日届いた。とりあえずカタログの写真がこれ

最初に、まず椅子を買い替えることにした理由やEX-615を選んだ理由を書いとく。
3月ぐらいからダイエットして10Kgぐらい痩せたせいで、お尻のほっぺたの肉がだいぶ減ってしまって、休日ずっとゲームしてるとお尻の肉が痛くて仕方なかったので、しばらくは椅子の上にクッションを載せてごまかしてたのだけど、それでも痛くなってくるようになったので、椅子を買い替えることにした。

それで最初はDXRACERみたいのにしようかなーとおもったのだけど、張地がPUレザーばかりで全く買う気にならなかった。私はPUレザーの耐久性を全く信じてなくて、実際今まで買った合皮が使われているバッグや椅子は3年ぐらいで表面がボロボロに剥がれるものばかりだった。なのでPUレザーを使ってる製品だけは買いたくないので、ファブリックか本革を狙うことにした。本命は本革で、どうしても見つからなかったらファブリックという事で、本革の椅子を探しまくった。ゲーミングチェアで全部本革(本革と書いてあっても、一部PUレザーってが結構多くて、そうのはNGなので、そういうのを除く)で、入手可能なものは見つけられなかった。んでオフィスチェアはどうかなーとみていくといくつか気になるものがあった。ヒューマンスケール のフリーダムや、エルゴヒューマンのオールレザーや、コクヨのマネージメントチェアー130とか、そのうちの一つがこの内田洋行のEX-615。

値段にはエルゴユーマンが10万ぐらいで、コクヨのマネージメントチェアー130は50万ぐらいする。値段的にエルゴヒューマンにしようか、もうちょと欲張ってEX-615かヒューマンスケールかと決めかねてた所で、冒頭書いたように内田洋行のEX-615の結構よさげな中古が3万円で売られているのを見つけたので、それを買うことに決めた。

で、実際に届いた中古のEX-615がこれ。 「EX-615 中古」でググるとかなりひどい状態の写真のものが結構高い値段で売られているのが見つかると思う。それらと比べると私が買ったEX-615は中古にしてはかなり状態が良い。座ってみて満足してる。クッションは100%の状態ではないだろうけど、1日中座っていて痛くならないし、革はまだツルツルだし。ヘッドレストは無いけれど、ハイバッグの一番上のブロックが私の座高ではちょうど頭を預けられる。

座面の裏側に製造年月の書かれたシールが貼られていた。
2000年製だった。作られてから18年も経っていてこの品質なのかと驚いた。さすが本革。こんな長く持つなら新品を買ってもいいな、って思った。

 

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る

About Whellie