Elgato Game Capture 4K60 ProをHDRパススルー対応版に交換してもらった

Sponsored Links

4月に買って、2PC配信で利用してるキャプチャーカードのElgato 4K60 ProをHDRパススルーに対応してるものに交換してもらった。

先月、キャプチャーソフトのリリースノートをみたら、知らない間に4K60 ProがHDRパススルーに対応してて、喜んだのもつかの間、HDR対応する前と後でハード的に別らしく、Elgatoのサイトには7月から出荷してるものがHDR対応していて、それ以前のは対応してないという説明か書かれていた。

そんなわけで4月に購入した私の4K60ProはHDRパススルーに非対応だったのだけど、上記英文の最後にある通り、なんとHDRパススルー非対応なものからHDRパススルー対応なものへ無償交換を実施している。期限は2019年1月31日まで。

私は現状HDR対応のモニターを使ってないけど、今後モニターを買う際はHDR対応にすると思うので、その時になってキャプチャーカードも買い替え無いでも済むようにと、早速申し込んだ。

11月21日に、下記のElgatoが用意しているアップデートプログラムのページから名前や住所や電話番号、メールアドレスにシリアル番号とレシートの写真を登録した。
https://www.elgato.com/en/support/4k60-pro-hdr-upgrade

そしたら翌22日にElogatoのサポートからメールが届いた。

内容は、「Fedexのラベルのメールが別便で届くので、それを使って送ってくれ」との事だった。同じ日にメールが届いたが、FedexじゃなくてUPSのラベルだった。どういうこと?・・・まあ気にせずUPSを使った。

メールで届いたUPSのラベルにはあちらの住所やこちらの住所や中身の事まで、書くべき事がすべて書かれていたので、何も書かなくて良くて楽ちんだった。家にプリンターがないので職場のプリンターで印刷した。

UPSの集荷は平日のみだったので、月曜日の26日の午前中に集荷してもらった。集荷に来たおじさんに、印刷したラベル(貼ったりせずそのまま渡した)と、箱詰めしたElgato 4K60 Proを渡した。
Trackingによると、28日には台湾のCorsairのビルに届いてた(ElgatoはCorsairに買われたからか住所のあて先はCorsairだった)。

次に連絡がきたのが12月5日のメール。内容は、「新しいElgato 4K60ProをDHLで送ったよ」って事だった。

12月7日に仕事から帰宅したらポストにDHLの不在通知が入ってたので、一番早い配達日の今日12月9日の18~21時を指定して届けてもらった。新しい4K60Proはオランダのアムステルダムから送られてきてた。

写真とか取ってないけど、確かに新品が送られてきた。上記のElgatoの交換申し込みのページの説明によると、キャプチャーソフトの設定画面の下のほうにある「HDRパススルーを有効にする」というのが表示されている事がHDRパススルーに対応しているという証らしい。交換前にも確認をしたけど、交換前はこの項目が表示されてなかった。当然交換後は下記のようにその項目が表示されている。

なお、送料をはじめ、お金は一切取られていない。かかった費用はラベルを印刷した紙3枚分ぐらい。

今回利用したElgato 4K60 ProのHDRパススルーへの無償アップグレードプログラムは10月ぐらいからやってるらしいんだけど、まったくアナウンスが聞こえてきてなかった。今ググってもそういう事をやっている事が書かれた日本語の記事が全く見つからない所に、Elgatoの日本での弱さが感じられる。私は、キャプチャーソフトの更新の際にリリースノートの英文にその旨が書かれていたのを見つけられたから知ったけど、Elgato 4K60 Proをもっていてもパッチノートを読む習慣のない人には気づけないだろう。

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る

About Whellie