Acerの31.5インチ ゲーミングモニターを買った

Sponsored Links

今までずーーーーーーと解像度と画面の大きさを重視して60Hzの液晶で満足してたけど、144Hzなどの高リフレッシュレートなモニターを使ってみたくて、エイサーの31.5インチの2560×1440 のWQHDの解像度で144HzのリフレッシュレートのモニターXZ321QUbmijpphzxをアマゾンで購入した。53K円ぐらい。

なんでエイサーはこんな覚えられない型番をつけるんだろうか?

これ、箱が大きすぎて宅急便サイズを超えているため、ヤマト便という配達日時の一切指定できないもので配達された。そのため配達日は仕事を休んで受け取った。

午前中にいつものヤマトの人が届けてくれて、受け取るときに「いつも夜の配達なので居ないと思ってました~」って言われた。そう思っていながらも朝早くに届けてくれて助かった。

組み立てる必要がなくスタンドがついた状態で箱に入っていた。

今まで使ってたモニターはPhlipsの43インチの4Kのモニタ。この大きさの4Kだと現状60Hzが最高で144Hzとかは存在しない。それから現状最強である2080Tiをもってしても4Kは力不足に感じる、という事があって、4K(3840×2160)から少し解像度を落として2560×1440にして、リフレッシュレートが144Hzで一番大きいモニターを買おうと思って、それを探した。そしたら現状31.5インチが一番でかい事が分かった。

大きさが31.5インチで、144Hzで解像度が2560×1440なモニターは有名どころではLGとエイサーぐらいしかなく、且つHDMIで144Hzが出せるのはエイサーのみだったのでエイサーの XZ321QUbmijpphzxを買った。

湾曲してるモニターは初めて使うが、全く違和感がなかった。それより43インチの4Kのモニターを使っていた所を31.5インチに変えたので、ものすごく小さい画面になった。具体的には、横幅が94㎝から70cmへ24㎝も小さくなっているわけで、やっぱ小さいという印象が大きい。

リフレッシュレートが60Hzから144Hzになった影響はまだよくわからない。画面の描写がスムーズにはなったが、これを買ってからまだFPSをほとんどやってないので、来週Division2で試そうと思っている。

このモニターはHDR10に対応している。Windows10では設定画面に、HDRをONにするスイッチがある。これをONにすると色が鮮やかになってめちゃきれいになるんだけど、キャプチャーソフトがHDRに対応してないっぽくて、HDRをONにするとキャプチャーされた映像の色が薄くなってしまうのでOffのまま使ってる。

一時は43インチのモニターを机に置くスペースがなくなって、困ってたけど、
モニターの配置を色々変えて、 今はこんな感じになってる。恥ずかしいのでいろいろ黒塗りしてる。

一番左は飯山の28インチの4Kモニタ。左から2番目が今回購入したエイサーのモニター。 左から3番目はPhilipsの43インチ4Kのモニタ一番右がDellの30インチのモニタ。一番左だけサブPCにつなげていて、あとはゲーム用のPCにつないでる。

今後、ゲームは今回買ったエイサーのモニターでやって、映画とかは43インチの液晶でみるつもり。

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る

About Whellie