続けて読書

「 “文学少女”見習いの、傷心」と「超鋼女セーラ ユメミル絡繰り、恋するタタカイ」を読んだ。

「 “文学少女”見習いの、傷心」は外伝の2巻目。終わり方が嫌らしかったが、他は良い雰囲気だった。本編のキャラが何の説明も無く色々絡んでくるので、本編を読んでないとダメな作品なのが残念。あとがきによると外伝は次の3巻で終わってしまうらしい。その前に短編集が出るらしい。まあ、どちらも楽しみだ。

「超鋼女セーラ ユメミル絡繰り、恋するタタカイ」は「超鋼女セーラ」シリーズの10巻目。前巻で話が大きく動いて、その続きで話がとってもスピーディに進んで、テンポが良くてなかなか面白かった。ここ数巻では一番良かった。そろそろクライマックスに近づいてる感じ。次は4ヵ月後かな。

ホントは一日中Gameして居たいんだけど、今そんな集中できるGameが無くて、一日中ベッドでゴロゴロしながらTVみたりラノベ読んだりと・・・・

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る

About Whellie