wdidle3

WDのGreenなHDDはIntelliParkって機能があって、そいつがデフォルトで8秒の設定になっていて、8秒アクセスが無かったらヘッドをunloadしてしまうらしい。

その機能は発表当初から知ってたけど、今まで私が使う限りでは全く実害が無くて、気にならなかった。

でも昨日WD20EARSを買って、Linuxで使ってみたら結構な勢いでunloadのカウント数が増えてる事に気が付いた。それと既存の1TBのドライブも1台だけ他のHDDと違う勢いで増えてる事に気が付いた。

2月6日のカウントでは(右から3番目)こんな感じだった。

1台だけWD10EADS-00M2B0があるけど、これのカウントが凄い増えてた(なお、WD10EACSは1年ぐらい使ってる。WD10EADSは半年ぐらい)。
昨日の夜はこんな感じ。

2月6日に790ぐらいだったWD10EADS-00M2B0のカウントが、今は9000超えてる。それから昨晩追加したWD20EARSもこんな感じ↓に1日で凄い増えた。

ああ、そうそう今日WD20EARSをまた2台買った・・・・それは置いておいて・・・・昨日75と90だったWD20EARSのカウントが今晩は343と353になってる。

というわけでWD20EARSとWD10EADSの1台だけ、IntelliParkの設定を8秒から5分に変更する事にした。

変更にはwdidle3.exeを使う。色んな所からDownload出来るけど、あまり怪しい所からDownloadするのは嫌なのでNASのメーカーのサポートページからDownloadした。

DOSをいれたUSBメモリからBootして、最初にwdidle3 /rで設定値を見てみたらやっぱり8秒になってた。wdidle3 /s300ってしておしまい。

これをしてからは電源のOn/Offに連動して増える感じに殆ど増えなくなった。

んで、不思議なのは1台を除くWD10EADSやWD10EACSのカウントが、デフォルトの8秒の設定のまま(wdidle3 /rで8秒の設定になってるのを確認した)なのにWD20EARSみたいには増えてないって事。もしかして古いGreenドライブのIntelliParkはちゃんと動いてないのかな?

今の接続形態にするまでは、Areca ARC-1680ixやAdaptec RAID 5805に接続してたので、そいつらが何か設定してたのかもしれない?まあ迷宮入りだ。

同じWDのGreenドライブでもエンタープライズモデルのWD RE2-GP場合は、今はデフォルト値が5分になっているっぽい。時間を変更するためのToolもWDのサイトから直接Downloadできるようになっている。この辺に書いてあった。

後それから/dev/sdaのドライブのカウントが増えてるのは、Ubuntu(?)のBugらしい。

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る

About Whellie